読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずき! ブログ 海外旅行の体験談

不定期更新。たびずき!本サイト(http://countryranking.net/)も作成中

現在69ヶ国
たびずき!海外旅行おすすめランキング【実際に行った国だけ】(http://countryranking.net/)管理人のブログ

隣国同士の関係は愛憎相半ば。中国ともうまくやっていけりゃいいんですけどね

中国

f:id:nojimaxx:20160807211634j:plain

写真は中国・関羽廟の諸葛亮、だったはず。私の人生で一番最初の海外旅行で訪れたのが中国で、重慶から三峡下りをしたときに寄った関羽廟で撮った写真です。

 

私にとってはいろいろ思い出深い中国ですが、中国ってネット上では叩かれることがやたらと多いように見えます。見るに耐えない罵詈雑言も多い。

……やっぱりお隣さんの国との関係っていうのは難しいのでしょうね。世界中を見渡してみても隣同士の国って、仲が悪いことの方が圧倒的に多い気がする。領土の問題やら歴史的な経緯やらでどうしても愛憎相半ばする関係になってしまうのかな。

私自身も中国で嫌な目にあったこともありますし、中国政府のやり口には閉口することが多い。しかしそれでも中国ってすごい国だなと思わざるを得ないんですよね。その理由をいくつか書いてみます。

 

まず第一に、あれだけの超巨大な人口を抱えておりながら中国国内が安定していることです。もちろん都市部と農村部の格差があったり、暴動や抗議やテロが起きたり、腐敗した役人が地方を支配していたりと、問題は山積みです。

自国のためなら手段を選ばない外交政策も叩かれるのは当然でしょう。チベットとかモンゴルとかを中国化するのは本当勘弁してほしい。

しかしそれでもインドのようなカオス状態にならず治安が安定しているのはすごいです。地域差も大きいですが、たいてい夜でも普通に歩けますからね。あれだけの人口がいたらもっとメチャクチャになって治安悪くなっていてもおかしくないだろうに。

 

また、料理のバラエティの豊富さ・多様性もすごいです。中国人(広東人)は『飛ぶものは飛行機以外、泳ぐものは潜水艦以外、四つ足は机と椅子以外、二本足は親以外なんでも食べる』と言われるほどに何でも食材にしてしまいます。

なんだかんだいって中国人って凄くたくましいんですよね。なんでも食材にしてしまうっていうのも、そうしなければ飢え死にしてしまう状況があったっていうことの裏返しにも思えるし。あれだけの人口だから生き残るのにも必死でしょう。

 

世界中を歩いていると『こんな所にまで!』と驚くような場所で中国人が商売していて驚きます。中国人って、世界中のどこででも商売しているんですよ。

アフリカのレソトという国に行った時、山あいの村に中国人の商店があった時にはメチャびっくりしました。こんな辺鄙なところにまで……。そしてその商店がとても便利だったんですよ。ある程度の日用品が揃っていて助かりました。ああいう場所にはスーパーとかまったくないですからね。モノがなかなか手に入らない。

 

やはり中国人ってとても商売上手なんだなあと感じます。外国ではあまり地域に溶け込まないで商売していたりすることも多いようで現地の人達からは嫌われがちですが(半ば妬まれている感もあります)。

人口が多すぎる自国で商売するよりは思い切って外国に出て商売する方がまだチャンスがあるというのもあるのかな。いやはや本当たくましいです。

日本人と違って中国人は自由に外国に行ける訳ではないので、そういった障害も乗り越えて外国で商売をするっていうのはほんとうパワフルです。

 

日本人もけっこう世界中どこでも出会うのですが、現地で商売をしている人っていうのはあまり出会わないですね。会う場合はたいてい旅行者。

日本食レストランとか、結婚して現地に住んでいる人、青年海外協力隊といった人達には会うのですが、商店を経営している日本人とかはほとんど会わなかったです。

もちろん日本人も世界中で仕事はしているのでしょうが、大多数が企業のビジネスマンなのでしょうね。そういった人達とはなかなか接点がないので普通に旅行しているだけだと会いにくい。

 

ま、日本人は日本人。中国人は中国人です。どっちも良いとこ悪いとこがあるに決まっているので、そういう所をお互い認めて仲よくやっていけりゃいいんですけどね……。個人ならともかく国同士の関係となるとむずかしいもんです……。