読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずき! ブログ 海外旅行の体験談

不定期更新。たびずき!本サイト(http://countryranking.net/)も作成中

現在69ヶ国
たびずき!海外旅行おすすめランキング【実際に行った国だけ】(http://countryranking.net/)管理人のブログ

ガンビアの政変が終了。流れをまとめてみた。23年も大統領を続けるって、どんな気持ちなんだろ?

f:id:nojimaxx:20170123222437p:plain

ガンビアの政変がようやく終わりを迎えている。血を見ることが無かったのがなによりだ。

これまでの流れをまとめてみよう。

 

●23年間ガンビア大統領を続けていたジャメ氏が選挙で敗れる(2016年12月1日)

●選挙の8日後に、ジャメ氏「不正があったから選挙結果は認めない!」と首都に軍隊を配備。大統領で居続ける

●緊張感が高まり不穏な雰囲気。数万人のガンビア人や旅行者が国外へ逃げ出す

西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)が軍事介入

●ジャメ大統領が降伏。大統領を辞す。ギニアを経由し赤道ギニアに亡命

●国庫がほとんど空。十数億円以上のカネが消えてるぞ! 

 

こういった流れになっている。

 

ガンビアは西アフリカにある国で、アフリカ大陸でも最小の国土を持つ小さい国だ。その国土の全てが隣国セネガルに囲まれている。

1965年に独立した国で、それ以来、大統領は二人のみ。今回の選挙で選ばれたアダマ・バロウ氏がこのまま三人目のガンビア大統領になるのだろう。

 

ちなみに一人目はダウダ・ジャワラ大統領で、独立前の1962年~1970年の8年間首相を務め、1970年~1994年の24年間大統領を務めている。そして二人目が渦中の人であるヤヤ・ジャメ大統領で、1994年~2017年の23年間大統領を務めていた。

1年未満で総理大臣が交代することもある日本と比べると、信じられないくらい長く感じる。アメリカの大統領も1期4年、最高でも2期8年だ。20年以上も最高権力者を続けるなんてことは有り得ない。そう考えると、ガンビア大統領がいかに長く大統領で居続けたのかが分かる。まあ、独裁者だよな。

 

このジャメ大統領、一度は自分が負けたという選挙結果を受け入れていたのに、8日後にやっぱ認められん!と意見を翻した。一体この期間に何があったのだろう。

 

ジャメ大統領には多くの批判がある。

・敵対していた人間を拷問・監禁・殺害していた

報道の自由言論の自由を弾圧していた

・同性愛者を「害虫」呼ばわりして弾圧していた

・科学的根拠のない「画期的なエイズ治療薬」を発表し、患者に抗ウィルス薬の服用を止めさせ、この治療薬を使わせていた

・「叔母の死は魔術のせいだ!」というジャメ大統領の号令で「魔女狩り」が行われ、1000人以上のガンビア人女性が拉致され、少なくとも8人が亡くなった

 

こういった批判を見ていると、極悪非道で頭のおかしな人物のように思えてしまうが、その一方で

・女児の割礼(性器切断)や、女性の小児婚(18歳未満の婚姻)を禁止

・貧困の撲滅、貧しい人への医療提供といった慈善事業

 

こういった活動も行っていた。やはり人間は多面的だ。どんな人にも様々な面がある。一面だけを見ての判断はいけないと思わされる。

ジャメ大統領はガンビア軍の出身で、かつ厳格なムスリムだ。私たち日本人の一般的な価値観とは相容れない部分も多いのだろう。

 

とはいえ、やってきたことがやってきたことなだけに、敵が多い人物なのは間違いない。命も狙われていただろう。大統領を降りるとなると、途端に命の危険も増すに違いない。

実際ジャメ大統領はECOWAS(西アフリカ諸国経済共同体)と、在位中に行ったとされる犯罪行為への恩赦を要求していたという。そりゃそうだよな。じゃなきゃ大統領を辞めたとたん殺されかねないもの。

選挙で負けてから8日後に「不正があったから選挙結果は認めない」となるまでに、そいったことを認識したのかもしれない。人間誰でも死にたくない。

現実的に赤道ギニアに亡命できてるわけだから、その辺りの話もついていたのだろう。消え去った十数億のオカネも、そういった交渉やあれやこれやに使われているのかもしれない。うまくやったものだ。国庫のお金を持ってかれたガンビアの人たちには災難以外の何者でもないが……。

 

いつになるかは分からないが、すこし先の将来に西アフリカへ旅行するつもりでいる。なので、興味を持って色々と調べている。

ガンビアもこれから安定していってくれると、とても嬉しい。

西アフリカは部族の言葉を除くと、フランス語が公用語の国が多い。私は英語ならなんとかなるのだが、フランス語はからっきしだ。まったく言葉が通じないのは結構辛い。治安がよければ言葉が通じなくても問題ないのだが、西アフリカはなあ。

ガンビアやナイジェリア、ガーナあたりは英語が公用語なので、まだ旅行しやすそうに思える。是非行きたい。

シエラレオネも英語が通じるのだが、さすがにまだ早すぎる気もする。情勢が許すなら訪れてはみたいのだが。

 

色々と悪い想像をしていても、いざ行ってみると案外なんてことなかったりもするのだけれど、油断してるとあっさり死んだりするのも本当。

ちょっとした顔見知りの人が、西アフリカに訪れた後にマラリアで亡くなっていたこともあったからな。あれは本当に驚いた。そして、悲しい以前に実感がまったく無かった……。

西アフリカに行く時には、いろいろと十分に気をつけて行きたい。