読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずき! ブログ 海外旅行の体験談

不定期更新。たびずき!本サイト(http://countryranking.net/)も作成中

現在69ヶ国
たびずき!海外旅行おすすめランキング【実際に行った国だけ】(http://countryranking.net/)管理人のブログ

No alcohol No life! ロシア人はお酒が大好き過ぎる

f:id:nojimaxx:20161219215837j:plain

ロシアの人達は本当にお酒が好きだ。大好きだ。以前別の記事でも書いたが、ずいぶん昔シベリア鉄道に乗った時、ロシアの軍人達にさんざんお酒を飲まされた。しかもウォッカだ。アルコール度数40度。ノドで味わう焼けつくようなお酒。

こんなきっついお酒を奴らはガンガン飲む。平気で飲む。飲みまくる。私はお酒に弱い。しかしそれを言っても信じてくれない。何を言っても「これくらい飲めるだろ?」とウォッカをガンガン勧めてくる。いや、マジでそんなに飲めないんですけど……。

 

お酒大好きなロシア人。そんな彼ららしいニュースが、海外のあちこちのニュースサイトで書きたてられている。たとえば下記はBBCの記事だ。

Russia bath lotion kills 33 drinkers in Irkutsk

書かれている内容をざっくりと要約すると、『ロシアのイルクーツクで、お酒の代わりに入浴剤を飲んだ33人が死んだ』という内容だ。(注:後のニュースでは死者58人にまで増えていた。こわい)

 

冒頭の写真はエッセンシャルオイルだが、似たようなものかな。今回飲用されたのは、サンザシの香りがするBoyaryshnikという液体入浴剤で、凍結防止等のためアルコール(メタノール)が含まれていた。

ウォッカのような普通のお酒よりも安く手に入るので、アルコールの代用品として飲む人が多かったようだ。さらに、ウォッカより美味く、ウォッカに比べて次の日に残らないからという理由で愛飲していた人もいたという。

ロシアの副首相の発表では、ロシアのアルコール飲用量の20%までが、薬物や香料で占められているという。

それだからか、今回のような中毒事件も、ロシアではそれほど珍しいことではないらしい。それでも33人もの人が亡くなるのは、なかなか類を見ないようだけれども……。

 

ロシアって、寒い国なんだよな。シベリアのオイミャコン村なんて、人が住んでいる場所では世界で最も寒いと言われている。冬(一年の半分以上が冬だが)は軒並み-50℃以下の気温で、-71.2℃という記録さえある。想像を絶する。私なんか0℃でも超寒い寒い言ってるのに。

今回の中毒事件が起きたイルクーツクも、今週は最低気温が-26℃、最高気温が-8℃なんていう状況。寒すぎる。

寒いときには身体を暖めたくなるのが人間なので、お酒で身体を暖めるのも当然といえば当然。私だって冬はお酒の消費量が増える(1日1~2缶だけど)。

ロシアはインフレ続きで物の値段が上がり続けているし、『少しでも安く度数の高いお酒を買いたい!』という人も多いだろう。それが今回のような中毒事件につながってしまったのかもなあ。悲しい。寒い地域はきついよ。