読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずき! ブログ 海外旅行の体験談

不定期更新。たびずき!本サイト(http://countryranking.net/)も作成中

現在69ヶ国
たびずき!海外旅行おすすめランキング【実際に行った国だけ】(http://countryranking.net/)管理人のブログ

旅行者のカメラ。日本の技術(デジカメ)が世界を変えた

ミャンマー ラオス ロシア 旅行道具

私がフィルムカメラを持って中国やモンゴルを旅行した2001年には、デジカメを持った旅行者は全く見かけなかった。

撮影可能枚数やバッテリーの制約がまだまだ大きかったせいだろうか? 旅行先で代替のバッテリーや記録メディアを入手するのが難しい(国によっては不可能)状況だったせいだろうか? 

それともやはり、画質だろうか。その当時一般人が購入できるようなデジカメは、画質がフィルムカメラに全く及んでいなかったから。せっかくの海外旅行なんだから、いいカメラでいい写真を撮りたいという人は多いだろう。

私はぶれずに写っていたらとりあえずOKという感じだ。キレイな方がいいけれど、利便性優先。

現像するまでどんな写真が撮れたかまったく分からないフィルムカメラに比べると、撮ってすぐ液晶で確認できるデジカメの利便性は素晴らしい。撮影枚数、バッテリー、画質に問題がなくなれば、そりゃあ便利な方がいい。小さくて軽くて頑丈で撮りやすいデジカメ最高。

 

さて、1つ前の記事で書いたように、モンゴルでフィルムカメラを壊してしまってから、私はタフなデジカメを旅行に持っていくようになった。

私が初めてデジカメ(GV-20)を持って旅行したのは2002年の夏だ。富山からウラジオストクへ渡り、ウラジオストクからモスクワへ一週間、シベリア鉄道に乗った。それからロシア、北欧、バルトの国々、東欧を歩き回った大旅行だった。

旅行中に出会った現地の人たちはまだ、デジカメという存在自体を知らない人が多かった。ポラロイドでもないのに撮った写真をすぐ見られることに、あちこちで驚かれた。

f:id:nojimaxx:20161121010229j:plain

ウラジオストクの女の子。デジカメで撮ったこの写真を見せてあげると、とても驚いて喜んでくれた。ポラロイドのように、その場で写真を出してあげられればよかったのだけれど。

この写真を見ると、その当時2ちゃんねるにハマっていたことを思い出してちょっと恥ずかしい……。

このロシアのウラジオストクからモスクワやペテルブルグ、北欧の4国、バルト3国、東欧の国々と旅行していった。

道中で多くの旅行者に出会ったが、やはり旅行者でもデジカメを持っている人は少なく、ほとんどの旅行者はまだフィルム付きカメラを使っていたように思う。

 

2年後の2004年。私は東南アジアを旅行した。

f:id:nojimaxx:20161121031059j:plain

ラオスのフアイサイ~ルアンパバンの船で出会った韓国人だ。映画を撮ると言っていたのだが、どうなっただろうか。

写真の彼が持っているのもデジカメだ。この時期になると、かなり多くの旅行者がデジカメを使うようになっていた。とはいえまだフィルムカメラを使用している旅行者も、ちょくちょく見かけた。

f:id:nojimaxx:20161121033645j:plain

2006年のミャンマー、バガン。この頃になるともう、カメラといえばデジカメという状態になっていた。フィルムカメラを持っている旅行者はいただろうか? 私の記憶にはまったくない。現地の人たちも皆もう、デジカメのことを知っていた。

写真を撮ったらすぐに「見せて見せて」とよってくる。撮ってすぐに画像を見られることを、もう知っているからだ。そしてその後に「写真撮らせてあげたんだから、何かちょーだい」が始まったりもする……。

 

この後はもう、フィルムカメラを見かけることはかなりレアなケースになっていった。プロのカメラマンのような人たちがフィルムカメラを持っていることは稀にあったが、やがてそういった仕事でカメラを使う人たちも、どんどんデジカメに移行していった。今ではフィルムカメラ絶滅危惧種になっている。

フィルムカメラを知らない人たちも多くなっているんじゃないだろうか。フィルムカメラでそういう人達を撮ったら、液晶で画像が見られないことを不思議に思うかもしれない。

 

旅行者の使うカメラは、ほんの短い年月でフィルムカメラからデジカメにすべて変わってしまった。私が旅行を始めた2001年からだと、5年後の2006年にはもうほとんど皆がデジカメを持って旅行していた。世界中の風景があっという間に変わった。気がつけばフィルムカメラを使う人がまったくいない。

この変化を引き起こしたのが日本の技術っていうのが凄い。まあ最初に技術を発明したのはアメリカのコダックだけれど、実際に世界中に広めたのは日本の技術だと言って差し支えはあるまい。デジカメ普及のきっかけになったQV-10は偉大だ。カシオすごい!(GV-20もカシオ)。

 

それに、どこの国に行っても、旅行者が持ってるデジカメはいまだにほとんどすべてが日本メーカーのものだ。他のメーカーはサムスンを時々見るくらい。

自分が開発した訳じゃあないけれど、自分の国のメーカーが作った製品を世界中の人達が使っているのを見ると、同じ日本人としてはやっぱり嬉しい。なんだか誇らしくなってしまう。

日本メーカーは最近あまり元気がないような印象があるけれども、また何か革新的でおもしろいモノを作ってくれれば嬉しいなあ。

 

個人的には今、アクションカメラのGoProが気になっている。これもデジカメの新たな使い方を創り出した画期的な製品だろう。一度試してみたいんだよな。面白そう。

ちなみにGoProを作ったのはアメリカのメーカー(Woodman Labs)。日本メーカーも頑張れ~。