読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずき! ブログ 海外旅行の体験談

不定期更新。たびずき!本サイト(http://countryranking.net/)も作成中

現在69ヶ国
たびずき!海外旅行おすすめランキング【実際に行った国だけ】(http://countryranking.net/)管理人のブログ

タイの魅力6つ

f:id:nojimaxx:20161005234321j:plain

写真はタイ・バンコクの猫。

そういえば、何度も行っているわりにはタイについてあまり書いていない気がしたので、ちょっとタイについて考えてみました。タイの魅力って何だろう? タイのどこがいいのだろう?

1、近い

まず第一には、日本から近いこと。羽田、成田、関西、中部、福岡、札幌と日本各地の空港から直行便があって、6~7時間で到着します。

中国や韓国ほど近くはないですが、このくらいの所要時間なら十分近い方でしょう。

2、安い

タイは物価が安いです。タイの通貨はバーツで、今現在1バーツ=約2.96円。大体1バーツ3円と考えておけば大きく外れないでしょう。覚えやすい。

安く旅費をあげるなら安いゲストハウスに泊まれば100バーツ程度から宿泊できます。約300円。さすがに100バーツの部屋は相部屋などが多いですが……。

屋台でごはんを食べるなら串焼きが10バーツ(30円)程度、麺類が20バーツ(60円)~、焼き飯などのご飯ものも25バーツ(75円)~程度で食べられます。

ツアーの代金も2万円台からありますね。燃油込みでこの値段なのだから驚きです。元取れるのかなと心配してしまいます。

逆に、シェラトンやシャングリラのような高級ホテルや高級レストランも、タイにはいっぱいあるんですよね。値段のレンジが幅広いです。

高級ホテルはタイでも高いので、ちょっとした中級ホテルくらいがおすすめです。日本にくらべてかなり安く泊まれて、十分快適なので。

3、おいしい

タイ料理は多彩でおいしいです。なんてことない屋台の料理がめちゃくちゃおいしかったりもします。トムヤムやグリーンカレーみたいなスパイシーな料理がよく知られていますが、甘いものから辛いものまで何でも揃っています。ほんとバリエーション豊か。

私はプーパッポンカリーが大好き。渡り蟹と卵のカレー炒めなのですが、カニとふわふわ卵のコンビネーションがたまりません! マイルドで甘めのカレーの中に辛味もあって、やみつきになります。

ただ、パクチーが苦手な人にはちょっときついかもしれません。大抵は対応してくれるので、パクチー抜きで料理注文すればいいんですけどね。

4、やさしい

タイの人たちは優しいです。世界中から観光客が押し寄せるようになってきたおかげか、多少旅行者すれしてきている感もあります。それは仕方がない。それでもまだまだ優しいと思う。

商売やってるタイ人でもそこまで酷いのは少ないし(ゼロではない)、商売と関係のないふつうのタイ人は特に親切な人が多いです。日本人に好意的な人が多いのも嬉しいですね。

ただ首都のバンコクはタイの中でも別世界なので、注意が必要です。バンコクの観光地でむこうから親しげに話しかけてくる人は、基本無視しましょう。ほぼ100%観光客のカネが狙いなので。

5、あんぜん

政情不安定でクーデターが起きたり、テロが起きたりと危なげなニュースもありますが、基本的には安全です。日本ほどではないですが、けっこう安全。

夜中に女性一人でも外を歩けます。とはいえ人気の無い道は避けるとか、注意は絶対に必要です。女性一人の旅行で男性ガイドを雇うとかも危ないですね。避けたほうがいい。

あとは人の多い場所ではどうしてもスリが多いので、これもやっぱり注意が必要です。

6、遊べる・楽しめる

首都バンコクからは約1時間半で、世界遺産の町アユタヤーに行くことができます。旅程に余裕が無くとも、日帰りでアユタヤー観光が楽しめるのは嬉しい。

他にもニューハーフショーを見たり、ムエタイ観戦したり、足つぼマッサージを受けて泣き叫んだり、象に乗ってジャングルを歩いたり、ダイビングをしたり、トレッキングをしたりと、様々な楽しみがあります。

首都のバンコクなら、色んな夜遊びも楽しめます。お酒の制限もあまり無いので酒好きにも安心。

パッポン通りやタニヤ通りは特に日本人にも有名ですね。ゴーゴーバーってやつです。昔日本人が羽振りがよかったころは、札束をばらまく人がいたとかなんとか。そんな噂まできいたことがあります。

タイ国内ではギャンブルは禁止ですが、カンボジア国境へ行けばカジノ遊びも楽しめます。カジノでは私も結構な額のお金を使ってしまいました。おもしろいけど危ないので、人にはオススメしません……。

 

以上6点、タイの魅力をあげてみました。やっぱりいいところだと思いますよ、タイ。老後は日本を脱出してタイで暮らしたい、っていう人が多いっていうのも頷けます。

物価安くてごはん美味しいですからねえ。それなりに安全だし、初めての海外旅行にもいいんじゃないでしょうか。

 

さて、私もタイは好きな国なんです。でも、ここまでタイの良いところを書いてきて、こんなこと言うのもなんですが、ものすご~~~く好き、最高に好き、愛してる!ってほどではないんですよね。

なぜでしょう? 

物価安くてごはん美味しくて、人も優しいのに。

暑いから? いや暑いのは嫌いじゃない。

 

これは完全に私の主観なのですが、思うに何かがちょっと物足りないんですよね。思わず声が出てしまうような美しい風景とか、泣けてくるような人の優しさとか、何が起こるか分からないハチャメチャ感とか、そういうものが足りない。

単に私がそういう出来事に遭っていないというだけで、タイでもそういう経験はできるはずです。なので、これは巡りあわせの問題でしょうね、きっと。

この先もタイに行く機会はあるでしょうから、次こそは何かものすごい経験ができたらいいなと思っています。好きな国なのは間違いないんですけどねえ。