読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずき! ブログ 海外旅行の体験談

不定期更新。たびずき!本サイト(http://countryranking.net/)も作成中

現在69ヶ国
たびずき!海外旅行おすすめランキング【実際に行った国だけ】(http://countryranking.net/)管理人のブログ

ボリビアのアマゾン、ルレナバケ。雨季のアマゾンは蚊の巣窟

f:id:nojimaxx:20160903211036j:plain

写真はボリビア・ルレナバケのパンパ(南米の大草原地帯)。

アマゾンといえばブラジルですが、その広大な熱帯雨林はブラジル以外の南米諸国にも広がっています。ボリビアもそのうちの一国で、ボリビア北部の町ルレナバケからはジャングルやパンパへのツアーに参加できます。

ボリビアはラパスやウユニのような高地だけでなく、ジャングルやパンパもあるんですよね。高いところから低いところまで多彩な国だ。

 

私は時間が無かったので、ボリビアの首都ラパスでルレナバケへの飛行機往復チケットを購入し、パンパへのツアーも予約しました。飛行機のチケットと現地ツアー代を合わせて1712ボリビアーノ(約25,680円)。やっぱり飛行機は高いですね。TAM航空の方が少し安かったのですがスケジュールが合わず、アマゾナス航空のチケットを買いました。

ちなみにラパスからルレナバケはバスでも行くことができます。しかし20時間以上かかってしまうので私はお金で時間を買わせてもらいました。

f:id:nojimaxx:20160903220149j:plain

ルレナバケ自体はのんびりとした町で、特にこれといった見どころもないかもしれません。リラックスした雰囲気の町です。私が訪れた時(1月末)はたまたまお祭りの時期だったようで、写真のような民族衣装を着た人たちの行進に出会えました。いいものが見れました。我ながら運が良い。

 

ただ、お祭りに出会えたことは運が良かったと言えますが、パンパツアーに参加する時期としてはあまり良い時期ではありませんでした……。

雨季だからでしょうか。いやもうね、蚊がすごいんですよ。蚊。自分の人生の中であそこまでたくさんの蚊に全身群がられたのは初めてでした。

ルレナバケから車に乗り、サンタローザというパンパの入り口に着いた時、車を降りた途端に何十何百という蚊が全身にまとわりついてきました。「蚊が多いなあ」ってレベルではなく、全身びっしり蚊だらけになるレベル。雨季にパンパへ行く場合は長袖と虫除けが絶対に必須ですね。なかったら死ぬんじゃないかアレ。

蚊のせいかは分かりませんが、現に私は体中に発疹が出て熱まで出てしまいました。同じパンパツアーに参加していたチリ人に抗ヒスタミン薬を分けてもらい、そのおかげで次の日には大分回復しましたけれど、あの薬なかったらやばかったですね……。

 

回復した後は草原を歩いてアナコンダを探したり(見つからなかった。残念)、ピンクイルカ(アマゾンカワイルカ)と一緒に泳いだり、ピラニア釣りをしたり、よく人に馴れたワニと遊んだり、ハンモックに揺られてお酒を飲みながら子ども達のサッカーを観戦したりと、なかなか得がたい体験を楽しみました。

そうそう、草原地帯には大きな鳥があちこちに飛んでいて、鳥類の楽園のようにも思えましたね。ほとんどが日本では見れない鳥達なんだろうなあと思うと、バードウォッチャーには天国ではないでしょうか。

ちょっぴりしんどい目にも遭いましたが、行ってみてよかった! ただ、次にもし来るとしたら、今度は雨季は避けたいなあ。あの蚊はちょっとしたトラウマです……。